資格を取ろう!!勉強の仕方、コツを教えます!!

資格依存のおっさんによるブログです。資格試験で培った勉強方法を公開したいと思います。

やりたいこと、やらなければいけないこと、時間が足りない

やりたいことが山ほどある、そしてやらなければいけないことも山ほどある。

 

時間が足りない。

 

言い訳かもしれないが時間が足りない。

 

やりたいことは勉強、そしてやらなければいけないのが、仕事のための勉強です。

 

仕事のための勉強が第一優先なはずですが、どうしてもやりたい勉強を優先にしてしまう。

 

今そんなところです。

 

私にもっと能力があれば、こうも悩むことなく、スムーズに問題解決してくれるのですが・・・・・。

 

無能な私です。

 

30代半ばでのプチ挫折です。

家族信託の本を読んで思ったこと・・・。

みなさん、家族信託というものをご存知でしょうか?

 

はじめて聞いたよっていう人も多い方思います。

相続関係を真剣にお考えの方は、もしかしたら、どこかの本屋で見たなって人もいると思います。

 

言葉自体は聞いたことはあっても、中身は知らないという人の方が圧倒的に多いような気がします。

 

 

 

という私も今日知りました。

 

家族信託の本を読んで知りました。

 

 

 

読んでみて思ったことは・・・

 

すごく便利ということです。

 

詳しくはまだ知りませんが、とりあえず、元気なうちに、家族に自分の財産を信託して管理などを任せてしまおうという制度らしいです。

 

司法書士受験生なのに、知らないのはちょっと恥ずかしいですよね。

 

司法書士の先生にはおなじみのようです。

 

それはさておき、この家族信託という制度、何かと便利なようで、メリットがたくさんあるみたいです。

 

一方、デメリットというと、その本にはあまりないと書かれていました。

 

本当かよ!?

 

と思いつつ、今読み進めている段階です。

 

実はまだ最後まで読んでいません。

 

ざっと、途中まで読んだ感じだと、成年後見制度よりは良いような気がします。

 

そもそも、成年後見制度はあんまり、いい評判効かないですし。

 

家族信託というくらいです。

 

自分の財産を託すということですから、高度な信頼関係は必要というわけですよね。

 

似たような言葉で投資信託という言葉があります。あれも株など資産の運用をプロに任せるということですよね。

 

ということで、この家族信託という制度も高度な信頼関係がなければ、向かないのかもしれません。

 

それにしても非常に便利な制度だと思います。

 

認知症対策の転ばぬ先の杖として、考えてみてもいいかもしれません。

 

気になる方は、本を読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

図解 2時間でわかる!  はじめての家族信託【相続・認知症で困らないために】

図解 2時間でわかる! はじめての家族信託【相続・認知症で困らないために】

  • 作者: 宮田浩志
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2018/08/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

 

たった1分で、自分がいかに年を取ったんだと自覚する方法

突然ですが、たった1分で、自分がいかに年を取ったと自覚する方法が分かってしまいました。

 

せっかくなので、記事にしてみます。

 

正直、これあんまりオススメしません。

 

引き返すならば、今です。

 

私はやっぱり、自分の加齢を自分自身で悟ると、少し悲しくなります。

 

まぁせいぜい、自分の誕生日を本当に祝うことができるのは20代前半くらいでしょう。

 

それ以降は時間よ止まれ状態です。

 

たまに青春時代の懐メロ特集なんか見た日には、胸が急に痛くなり、どうにもいられない感じになります。

 

過去に戻りたいのかな?

わかりませんが。

 

もしかしたら、加齢=死に近づいているということが無意識に頭に残るからでしょうか?

 

なぜか、うつっぽくなります。

 

ちなみに30代です。はい。

 

今回の自分がいかに年を取ったかを自覚する方法には、そんなマイナスの効果も少なからずあると思います。

 

なので、精神的に弱い人は注意してください。

 

ちなみに、この方法は偶然発見しました。

 

正直なところ、余計なもの、どうでもいいことを発見してしまったのかもしれません。

 

自分的には結構、この発見すごくない!?って思っていますけど。

 

では、どんな方法なのか?

 

それは海外俳優の全盛期と今の画像を見比べるという簡単な方法です。

 

これがかなり、効きます。

 

ちなみにこういった編集がされた動画がユーチューブにアップされています。

 

実は先日、それを見て、この方法を発見しました。

 

とにかく、本当になんとも言えない気持ちになります。

 

例えば、私ら30代の年代のスターといえば、誰でしょう。思い浮かべて下さい。

 

ターミネーターのアーノルド・シュワルツェネッガー当たりでしょうか?

 

少なくとも私はもろに世代です。

 

全盛期のアーノルドと今のアーノルドを見たらかなりショックを受けます。

 

あの筋肉は一体どこに!?

あの鋭い表情のシュワちゃんは!?

 

年を取るのは当然ですけど、やはりあの変わり身はショックをうけます。

 

自分もそれだけ年を取ったんだということが嫌でもわかります。

 

しかし、実はアーノルドはそうでもないほうなんです。

 

なぜならば、アーノルドはちょくちょく見るので、実はそれなりに加齢の経過を見ていからです。

 

本当にショックを受けるのはあんまり見ることなくなっている、T1000(敵役)ロバートパトリックや、エドワードファーロング(ジョンコナー約の美少年)の方なんです。

 

加齢具合もそうですが、見る機会がない分、タイムスリップしたくらいのショックを受けます。

 

嘘だろって思う人はぜひ試してみてください。

 

実際、かなりショックを受けると思います。

 

えっ、あれからそんなに時が経っているの!?ってなるはずです。

 

ちなみになぜ、このような現象が起こるか自分なりに考えてみました。

 

これは、親戚を見て、年を取ったなと感じるのに似ているとは思いませんか?

 

自分の親を見て、自分も年を取ったなと思う人はあまりいないでしょう。

 

なぜならば、定期的に見ているからです。

 

親戚はめったに見ないから余計にそう感じるのです。

 

つまり、海外の俳優=めったに合わない親戚なのです。

 

自分の努力は本当に努力とは言えるのか?

努力した~!!

 

口ではそう言っているけれども、私は本当の努力をおそらくしていません。

 

成功者のいう努力というものは、もはや異次元レベルの努力なんだと最近思うようになりました。

 

私が挑戦した、10時間勉強なんてのも、もはや通常運転というくらいの努力をしているのだと思います。

 

そして、その先に見えるものこそが成功なのだと思います。

 

まだ、私はそういった意味では努力というものをしていない・・・・。

 

振り切るくらいの努力、すべてをささげるくらいに勉強する。

 

一度はやってみたいものです。

 

でも今はできません。

 

生活のために働いて、給料をもらい、生活のために買い物にいく・・・。

 

なかなかすべてをささげて全力を出し切ることはできないのです。

 

年を取れば、取るだけ、無理になってきます。

 

時間が減ってきます。

 

出来るのは、義務教育の時くらいではないでしょうか?

 

だから、これ読んでいる学生は、たとえ一時でもいいから我を忘れるくらい努力した方が良いと思います。

 

ちょっとエッセイみたいな感じになりましたが、本当に若さというのは無限の可能性を秘めています。

 

集団左遷、最終回!!あんまりおもしろくなかった。

本日、集団左遷最終回でした。

 

最終回ということで、いつもよりも楽しみにテレビをつけましたが、一時間後にはなんかもやもやとした気持ちになりました。

 

ちょっとネタバレになりますが・・・・。

 

 

あぁ、やっぱりそういうことね!!

 

って感じです。

 

最終回だけみれば、何らひねりもなく、あっさりと終ってしまいました。

 

これまでの回の方が面白かったです。

 

まぁほぼ、全部の回をみてきました。

 

最後だけはちょっとがっくりといった感じです。それまでの回が紆余曲折あったからそれはそれでよしとしましょう。

 

ということで日曜のこの枠のドラマがまた一つ終わりました。

 

続いてはどうやら、またまた、池井戸さん原作のドラマ。

 

ノーサイドゲームというドラマがやるらしいです。

 

本当に日曜の9時枠は池井戸さんが好きみたいです(笑)

 

池井戸さんばっかりな気もするけど。

 

やっぱり、胸アツドラマは、月曜日の億劫な出社を少し緩和させてやる気を出さしてくれるのか?

 

なんとなく、ちょっと緩和しているような気もします(笑)

 

影響されやすい私としては、池井戸さんの半沢直樹を見て、上司にちょっとたてつくっていう過去の言動があったりして(笑)

 

やっぱり、日曜ドラマはサラリーマン向けなのは間違いないようです。

司法書士になったら、父も喜ぶだろう

うちの父親の話です。

 

うちの父親は私が行政書士試験に合格しようとも、宅建士試験に合格しようとも一切ほめてくれるわけでもありませんでした。

 

普通、国家試験、2個合格したら、たいしたもんだの一つくらいは言ってもいい気がします。

 

たとえ、試験に受かっただけでも・・・・。

 

行政書士も、それなりに難しいし、合格率10パーセント以下の年の方が多いのに・・・。

 

なんらほめてくれませんでした。

 

ちなみに母親はそもそも、あんまり資格やお勉強ごとには興味ないみたいです。

あら、すごいんじゃないのくらいでした。

 

一方、父親は完全に学歴主義の人です。偏見かってくらい、学歴や職業を気にする人です。

 

どうやら行政書士試験合格では満足してくれなかったみたいです。

 

とにかく、父親は一切、ほめてくれませんでした。

 

それどころか、司法書士ならな・・・・というきつい一言。

 

私ももう、30代半ばなので、親に褒めてもらう年ではありませんが・・・。

 

実は幼少期からこれまで、ほとんど父から褒められたことがないので、根底にあるのは、ほめてもらいたいという気持ちだったりします。

 

思えば、ずっと父に褒めてもらいたかった。

 

しかし、気持ちとは裏腹に、高校受験にしろ、大学受験にしろ、父の期待を裏切ってきたました。

 

高校受験に関しては、第一志望を直前になって、ビビり、2志望に行ってしまった。ちなみに本試験では第一志望余裕で合格でした。

 

大学受験はあまり本気にならず・・・・。高校で遊びに夢中になり過ぎた。

 

そして、就活も失敗。

 

期待を裏切りつづけてきました。

 

思えば、2、3才ころから、私への期待は大きかったと思います。よくわかりませんが、幼少期の僕は、何かと優秀だったようです。

 

おそらく、ただの親ばか的な思想だったと思いますけど。

 

自分では今も昔も平凡だと思っています。決して、秀才でも天才でもありません。

 

ただ中の中以下ではなかったとは、思っています。

 

何事においても、平均点以上であったことは間違いありません。

 

 

父に褒めてもらうことだけが、司法書士を目指す理由ではありませんが、何としてでも、司法書士試験に合格して、一度でもほめてもらいたい。

 

同時にそれが父への、特別なプレゼントということになりそうです。

 

来年こそ、絶対に司法書士試験に合格してやる!!

 

父の日に、改めて誓う俺でした。

 

 

 

 

 

 

 

今週のお題「おとうさん」

10個の簡単資格よりも1個の難関資格を取った方が良い理由。

私にも資格マニア的な要素は十分あります。

 

資格コレクター的なところもありますが、実はそこまで数にはこだわっていません。

 

昔は、とにかく自信をつけたいこともあり、数にこだわって、いろいろな資格を取ろうと、一生懸命になっていました。

 

しかし、今はそんな考えは捨てました。

 

「10個の簡単資格よりも1個の難関資格です。」

 

これから資格を取ろうと思っている人もぜひこのマインドでいてください。

 

量よりも質なのは当然ですが、それだけではありません。

 

ではなぜ、私は数にこだわらないで、難関資格を目指すようになったんでしょうか?

 

実はその方が、効率的だったりするからです。

 

難関資格に絞り込むことによって、どんな風に効率的なのでしょうか?

 

具体例を挙げるとすると、私が今目指している、司法書士試験という資格があります。

 

知らない人でも何となく、難関資格なのはご存知かと思います。

 

合格率一桁パーセント代の超難関資格です。

 

一生懸命勉強しても、数年はかかるといわれている資格です。

 

弁護士などの司法試験の次に難しい法律系の資格といえるでしょう。

 

取れば、人生一発逆転も十分に可能な資格です。非常に価値のある資格です。

 

ここで、あなたがほかの簡単な資格に目もくれず、これ一つに集中して勉強したとします。

 

毎日、遊びもお酒もやめ、一生懸命勉強しました。

 

そして、努力のかいあってか、司法書士試験に合格しました。

 

 

資格マニアで数にこだわる人ならば、難関資格1個しかないのは、なんとなく寂しく感じるかもしれません。

 

 

 

しかし、実はこの難関資格1個取ったという事実の裏には、3,4個分の簡単資格もついてきているのです。

 

それはどういうわけか?

 

少し語弊があるかもしれませんが、司法書士試験に合格したら、ほぼ無勉で行政書士試験にも合格できます。

 

もう一つ、ビジネス実務法務検定3級にもほぼ無勉で合格できるでしょう。

 

他にも、もしかしたら、相続○○などの資格にも合格できるかもしれません。

 

つまり、難関資格を取れば、ほかの隣接下位資格を取れる実力が自動的についているというわけです。

 

結果として、1個しか資格を取れていませんが、実は4,5個分の資格を取れる実力までおまけとしてついてきているのです。

 

取る取らないは自分次第ですが、取ろうと思えばいつでも、簡単資格を取れてしまうのです。

 

では、逆に、行政書士やビジネス実務法務検定や、他の割と簡単な資格を取った場合はどうなるでしょうか?

 

司法書士試験に合格する力はついていると思いますか?

 

おそらく・・・・というか断言してもいいです。

 

これらの資格を取れても、司法書士試験に合格できる実力は備わってないはずです。

 

よって、効率的なのは難関資格を取る方なのです。

 

 

もちろん、どうしても取りたい資格ならば、その簡単資格を取ればいいだけです。

 

宅建士になりたいのに、わざわざ司法書士試験に合格する必要はありません。

 

あなたは簡単資格をいっぱい取るか、難関資格を取るか?

 

どっちですか?