資格を取ろう!!勉強の仕方、コツを教えます!!

資格依存のおっさんによるブログです。資格試験で培った勉強方法を公開したいと思います。

幼少期に英語学習を受けていた自分の英語の実力は

自分の生まれ育った家庭、当時はいろいろとメンドクサイところもあったかもしれませんが、今考えれば、結構恵まれていたと思います。

というのも幼少期から結構、習い事をさせてくれていたからです。

 

その中の一つであったのが英語でした。

 

英語はたぶん、小学生くらいから勉強していたと思います。

 

内容としては、週に1回程度、日本人の教師が教えてくれるというものでした。

そして、3カ月に一回程度、外国人の先生が来て教えてくれていました。

 

まぁ幼い生徒ということもあり、楽しく学ぶがモットーであったのか、ほとんどがゲームのような感じがあり、特に厳しく詰め込みといったこともなく、授業が勧められていきました。

たぶん、3年くらいはつづけていたと思います。

なぜ、辞めたかは忘れましたが、おそらく違う習い事に熱中して時間があまり取れなくなってきたことと、途中で先生が変わってしまったからだと思います。

 

まぁそんな過程はどうでもいいとして、

 

自分のその経験が今の英語力に影響あるかというと

 

ほとんどないと思います。

 

特に、中学、高校、大学と英語の授業がありましたが、特に発音をほめられたわけでもなく、成績がよかったわけでもありません。

 

センターの点数も120点くらいだったと記憶しています。

 

幼少期の英語学習の成果といえる成果はまったくと言っていいほどありませんでした。

センター試験の点数が割と高得点と思ってくれた方もいるかもしれませんが、これは単純に私の努力、詰め込みの成果です。

 

世間では幼少期からのスタディイングリッシュが英語力をつけるなんて言われていますが、私からしてみれば、これはまったく間違いではないにしろ、ちょっとした誤解があると思います。

 

私がなぜ、幼少期に英語を勉強しても、将来の英語力につながらなかったのか?

 

まずこれを考えていきましょう。

 

私が思うに、圧倒的に学習時間が足りなかったということです。

週に1回、それも1時間や2時間程度の学習で、英語が話せるとは思えません。

よく言われる英語シャワーでもなんでもありません。

それに日本人教師であれば、余計にです。

授業中の日本語もたぶん5割以上は占めていたと思います。

 

これが大きな原因だと思います。

 

やはり、幼少期に海外に身を置くのが一番最高の学習なんだと思います。

 

実際、私が高校時代に英語の発音が抜群によかった同級生がいましたが、その人も小さいころに親の都合で海外生活を数か月した人でした。

 

何もわからない幼少期は、特にこういう英語しかない環境に身を置くのが一番だと思います。

 

ただ、幼少期の英語学習で私がなにも得られなかったというとそうではありません。

それは外国人に対するハードルの低さです。

 

かなり小さなころから、外国人と接する機会が強制的に設けられたので、外国人に対してはそこまで緊張することもないです。

これが今の人生にも生かされているような気がします。

幼少期の英語学習の賜物といえるでしょう。

 

というか、一つぐらい成果がないと、親は涙ものです(笑)

 

どうでしょうか?

 

もしお子さんの英語学習をさせようと思っている方は参考にしてください。

 

ちなみに、スピードラーニングというのがありますが、あれは結構効果あると思います。

なぜならば、やはり耳からの情報って非常に大事だからです。

 

私もこんな経験があります。

英語しかしゃべれないという環境化にいたときがありましたが、そこでたまに聞こえてる日本語が英語に聞こえてくるのです。

 

英語の耳になっているような感じがしました。

 

聞いたものをマネすれば、しゃべれるわけですから、個人的には理にかなっていると思います。

以上、今回は英語に関してのことでした。

 

何の資格を取るかわからない時はとりあえず民法の勉強をしとけ!?

何の資格を取ったらいいのかわからない?

そんな時が人生に一度は来るでしょう。

 

そこでオススメなのが民法です。

できれば、この民法を早めに学習しておくことをオススメします。

 

なぜ、民法が大事なのかというと、さまざま資格に通ずるからです。

 

よく司法試験なんかでも民法を制するものは司法試験を制するなんて言われていますよね。

 

とにかく、法律系の試験ではかならずと言っていいほど、試験に出てきます。

そして、多くがメイン科目となってきます。

 

ただ、法律系の試験に興味がない方にしてみれば、まったく無意味とも思えるかも知れません。

でも一概にそうは言えません。

 

なぜならば、民法は公務員試験でも出題されることがあるからです。

 

そして、実生活でも予防的な法律知識としても活用ができます。

例えば、民法上ではこういった権利があるのに、それを主張しないとなると損をするわけです。

民法の規定ではこうなっているのに、契約が不利に作られているということも良くあることです。

契約自由の原則ということがあるので、実は民法上の規定とは違って、不利になろうが基本的には自由に契約をすることができるのです。

ただそこに一言いえるといえないとでは違ってくるのです。

 

とにかく、こういったこともあるので、民法というのは非常に日常生活でも大事になってくるのです。

 

もし、なんか漠然と資格を取りたいなぁと思っている方。

 

かつ、時間に余裕がある方は早めに民法を学習していくことをオススメします。

働きながら資格試験に合格するための3つの心得

私はこれまでいろいろな資格試験に挑戦してきました。

それはもちろん、働きながらです。

 

働きながら、勉強するためには3つの心得が必要です。

 

もちろん、私自身、この3つの心得を大切にしながら、勉強して一般的に難関資格と呼ばれる行政書士試験、宅建士試験に合格してきました。

 

では3つの心得とは何なのか説明していきたいと思います。

 

心得①

スキマ時間を有効活用せよ

 

スキマ時間を有効に活用してみましょう。

ちょっと空いた時間、例えば、昼休憩の10分間だけとか、トイレで用を足している間とか、結構小刻みな時間ってあると思います。

それを有効活用していきましょう。

スマホアプリなんかもあるので、どこでもできて、すぐに始めれるものがスキマ時間学習には最適です。

 

心得②

何かプライベートで一つ捨てる

 

つまりは時間を確保しなければいけないわけですから、何かを犠牲にしなければなりません。私の場合はお酒でした。

お酒飲んでも勉強できるという人も中にはいると思いますが、私は反対です。

自制心をなくして、思い通りの勉強ができるはずがありません。

 

別にお酒に限った話ではありません。

ゲームをやめてみたり、テレビをやめてみたり、何か一つは削ってみてください。

もちろん、時間が足りている場合は話は別です。

 

心得③

家族の理解を得る

独身者であれば、なんら気兼ねなく勉強できると思いますが、既婚者であれば、家族の理解が必要不可欠です。

もちろん、勉強一辺倒となるのは避けた方がいいですが、ある程度の協力は得た方が良いでしょう。

特に直前期などは勉強に没頭するような毎日となるはずなので、なおさら理解が必要となってくるでしょう。

試験が終わったら存分にお礼をしましょう。

 

 

以上、働きながら資格試験に合格するための3つの心得でした。

もうノート作りはやめなってと本気で説得する理由とは

ちょっと衝撃的なタイトルになってしまいましたが、大人の勉強方法であり得ないのがノートづくりです。

 

わたしはこの勉強方法をやめたことで、宅建、行書の試験に合格することができました。

行書に関しては一部記述式という問題形式があったので、厳密には8割、読むだけ勉強法で合格したということになります。

宅建は100%、読みと問題演習だけで合格しました。ノートとペンは一切必要なしです。

 

書くという行為は本当に時間がかかります。

 

これがまず勉強の継続率を下げる。

 

そして、スパイラルに陥るというわけです。

 

どんなスパイラルかというと、ノートづくりに時間をかける→ようやく覚える→次の単元をノートづくりをする→前の単元を忘れる。

 

時間がかかるゆえにこんなことが起こりえます。

そして、難関資格でもない限り、読むだけならば、一日10時間あればほぼ、全出題範囲を一日で読破することができるでしょう。

 

ノートなら、たぶん1週間くらいかかるんじゃないの!?

 

というような感じです。

 

ポイントは一度にきっちり覚えるんではなく、何度も繰り返しが重要です。

 

皆さん、はじめの1週間だけでもいいです、勉強は読み中心の勉強にしましょう。

騙されたと思ってやってみてください。

 

そして、1週間たって、勉強が楽しいと思ったり、続いてるなと思ったら好きな勉強方法で頑張ってください。

あとは、自由にすればいいと思います。

ただ、最も効率が良いのはテキスト精読と問題演習であることは間違いないと思います。

 

高額な専門書を購入できる価値感を・・・

高い服は買えるのに、高額な専門書は買うのは抵抗があるということはないでしょうか?

実は私もそのタイプです。

 

専門書に1万円、平気で財布から出せるほどの価値観はありません。

 

ただよくよく考えてみると、知識として頭に残るわけですから、決してもったいないわけではありません。

むしろ有益なお金の使い方といえるでしょう。

 

もっと最高なのは、情報だけ取って、覚えれば売ればいいだけです。

 

こう考えると案外、高額な専門書を買うのは実はそんなに尻込みをしたり、抵抗を感じたりすることではないことがわかります。

 

ちなみに私が自分の財布で出した、1冊の本に払った最高金額は4000円くらいです。

 

まぁまぁのブランドのTシャツが変える値段です。

そして、家族で外食いけるくらいの値段です。

 

かなり思い切った感じです。

 

でも、まだまだです。足りません。

1万、2万、平気で一冊の専門書に掛けれる価値観を持ちたいと思っています。

 

さすがに今の生活水準からでは無理なので、いつかそうなりたいと思います。

 

人間の価値観って本当にひとそれぞれだと思います。

今まで取った資格の難易度をドラゴンボールのキャラで例えてみる

ツィッターなどでドラゴンボール表現が流行っている?ので私がこれまで取得した資格もドラゴンボールのキャラでたとえてみたいと思います。

 

ちなみに私が取った資格は以下の通りです。

 

 

行政書士試験、宅建士試験、FP3級試験、危険物乙4試験の4つです。

 

実際はもっとありますが、有名どころではこんなところです。

 

では言ってみましょう。

 

ちなみに行政書士試験が私の今までに取得した中では最難関なので、相対的な表現になるよう、ここは最高の悟空にしたいと思います。

 

本来、悟空は法律系試験の最難関である司法試験ですが、私はバカなので合格する頭は持ち合わせてないので、その点ご了承ください。

 

そしてもう一つ、私のドラゴンボールは超まで行っていません。完全にセルやブウ当たりで止まっています。

 

では、表現してみましょう。

 

行政書士試験・・・・・・・孫悟空

宅建士試験・・・・・・・・ピッコロ

FP3級試験・・・・・・・・クリリン

危険物乙四・・・・・・・・ヤムチャ

 

くらいでしょうか(笑)

 

実際、ドラゴンボールのキャラの戦闘力はインフレしているという話もあるので、いつの時点を基準にするかで変わって来ると思いますが、まぁあくまでも、例え話なので本気にしないでください(笑)

 

ということで参考にしてください。

 

てゆーかこういう時の例え話で、出てくることが多いキャラってなぜかヤムチャなんですよね。

ヤムチャって完全に負け組キャラといえば負け組キャラです。

 

あんなにも色男で、強かったのに・・・・

なんか複雑な気持ちです。

 

 

資格に受からない原因はたった一つ。

資格に受からない・・・・・

 

私もかつてこんな時期がありました。

原因は一つしかありません。

合格までに必要な勉強時間を満たしていないからです。

 

ちなみに合格までの勉強時間というのは人それぞれです。

 

なんでも写真のように暗記できてしまうという人ならば、1週間がその期間でしょうし、もの覚えの悪い人ならば、1年かかります。

 

ただ、1年であろうが、その学習時間を達成すれば、合格は可能なのです。

 

数学などのセンスを要する試験ならば話は別ですが、暗記ものでは当たり前のことです。

 

それを勘違いして、自分は努力もしたのに落ちてしまうという人が多いと思います。

 

ただ、単純に勉強量が足りないだけです。

 

一応、資格には目安の学習時間というのがあります。

参考になるようでならないですが、ざっと上げるといかになります。

 

宅建士試験  300時間

行政書士試験 1000時間

司法書士試験 3000時間

 

となっています。

本当にあってないようなものですが、まったくこの数値に近づいていないならば、勉強不足を疑ってください。

 

ちなみに以前も記事にしましたが、1000時間勉強すれば、結構な資格が取れます。

社労士試験、気象予報士、TOEIC高得点。

 

勉強したら、人生変わるといっても過言ではないでしょう。

 

以上、ちょっとでも参考になれば幸いです。